耳原総合病院 HospitalArt

ホスピタルアートといえば、スウェーデンが有名ですが、日本にもホスピタルアートを積極的にとりいれている素敵な病院があります。
今回は大阪府堺市にある耳原総合病院をご紹介いたします。

バス停から病院に向かっててくてくてく。
ん?コレビョウイン?早くもこんなに愛らしい壁面登場。

ででーん
青空にそびえ立つ病棟。

中に入ると・・

天井からたくさんの葉たちがお出迎え。
WOW!!希望の芽プロジェクト。
この病院のはじまりは、戦後医療が行き届かなかった時代、地域住民の100円のカンパだったそうです。住民がもちよったカンパのように一枚一枚のハート型の葉っぱにおもいをのせて。
大阪出身のYUKO TAKADA KELLER氏の作品。まっしろな空間に隙間から光がさしこむような美しい緑。エントランス入った瞬間、おもわずみとれてしまいます。

左をみると、虹色の階段が登場。フロアごとも虹色にわかれていて。

各フロア、色も全て統一。

14階最上階のベランダ。なんとベッドごと外に出ることができるとは。ここから肌で風を感じ美しい堺の景色を見渡すことができるんだと。

各フロア、エレベーターを降りると、色とりどりの鳥がお出迎えてくれます。鳥は病院へ通うすべての人々を意味していて、それぞれの鳥にはそれぞれ地域や医療の想いがこめられています。そしてなんと、室野愛子アートディレクター指導のもと病院のスタッフさんたち皆で描かれたのだとか。!!

小児科フロア。
壁がとってもかわいい!苦手な検査室までの道のりも楽しい気分でいられるように。

なんと、本物の木琴も。音出ます。

おやっ!こんにちは、小人さん。

あけてごらん?あけますとも。
パカ。

”はやくげんきになあれ” 中の宝物はみつけた本人がゲットできるんだって。

オペ室。

手術までの緊張をとかすかのようなやわらかい絵。
まんまの会という乳がん患者会のみなさんで手作りしたお花も季節ごとに変化していきます。

従業員用の階段にはこんな工夫も。

これまた各フロア虹色で、目を引くデザインで働く人の健康をも促します。

風の伝言プロジェクト。
全国から集まった作品から、好きな絵を選んで自分のお部屋に飾ることができるそうです。

病室に、飾りたい絵を、自分で選べるなんて良いなぁ~!どんなときも好きなものにかこまれていたい!

霊安室も。

人はみな土に還る。そんな美しい想いがこめられています。

(写真がないのですけれど)待合室の椅子も、患者さんが座りやすい椅子を自分で選べるように高さや座り心地を変えたものを用意してあったり、職員さん用の掲示板エリアもたくさん工夫が凝らされていて感動。

院内のアートマップや季節ごとに発行されるパンフレットもこんなに魅力的です。

こちらのFBページで耳原総合病院のホスピタルアートの活動がご覧いただけます。美しい外観というハードの部分だけでなく、ワークショップや講演なども定期的に行われておりソフトの部分も充実されています。

中を拝見させていただきありがとうございました。今後の耳原総合病院の発展をお祈り申し上げます。

春夏秋冬オリジナルおくすり手帳

病院のあと薬局に行くと…
「おくすり手帳はお持ちですか?!」と必ず聞かれることと思います。
最近はリ○ックマとかサン○オとか…可愛めの手帳もみかけるけど、もっともっと手に取りたくなるような素敵な手帳があったら良いのに…
私はずっと思っていました。。。。そして・・・・・
この度ご縁あってご依頼いただき、オリジナルおくすり手帳を作らせていただきました。パンパカパーン!!!

春夏秋冬(=四大元素!)をイメージした4種類のオリジナル手帳。

そして中を開くと虹色カラフルプロフィールページが♡

そしてそして薬歴記載ページには…なんと1ページずつ”おくすりちゃん達”が登場して早く良くなれと手帳の持ち主を勇気づけてくれますっ( ̄ー ̄)

可愛いでしょっ゚( ´ー`)y-~~←親バカ

この手帳は、京都から東京まで全国のなぎさ薬局各店舗にかかれば、手に入れられます・・♪お薬は必要ないのが一番だけれども…少しでもウキウキな気分を味わえますように・・☆

お薬手帳というものがあるのは日本だけ・・!自分で自分の健康管理(^_-)いくつか病院にかかることのある方はもちろん、薬の飲み合わせ、アレルギー既往歴などのチェックやリスク回避ができますし震災などの災害時にも役立ちます。ちなみに同じ薬局半年以内にもっていくと三割負担で30~40円程安くなります(2018.2月時点)。

皆様~お身体はぜひともご自愛ください。

マグcafeオープン★そのチラシと看板を…

今週金曜日…

倉吉に素敵なcafeがOPENします。

「マグcafe」

認知症の人やその家族、知人、医療やケアの専門職、そして認知症について関心がある方など、誰でも気楽に集まり、和やかな雰囲気のもとで、楽しみ、学び、相談できるカフェ♪だそうです!

その、チラシと、

看板を、
創らせていただきました。

これから毎月第一金曜日営業に営業とのこと。

これからの時代、ますますニーズが高まっていく予感です…。
お近くの方ご興味ある方、ぜひ足を運んでみてください。
魔法リズムの看板も、お待ちしております♡ヽ(^。^)ノ

薬局インテリア、ザバ~ン zazazazab~~~

薬局の待合の装飾をさせていただきました。
その名も「なぎさ薬局」。
”なぎさ”とは、波が打ち寄せる所。波打ち際。あのザバーンって海の音が美しくなりひびいている、あの場所です。スナハマ~
薬局は、病院のあとにやってくるところ、にこにこるんるん明るい気分で来る人はいないといっても過言ではありません。。。
患者さんが薬を待っている間、少しでも安らぎを感じられるようにと、
海の波をイメージしたモビールを制作しました。

BEFORE

AFTER 
投薬カウンター 
掲示板 
なぎさに立ち寄り、ふと、見上げてみよう。
(空調で)風がふくと、雫たちはゆらゆらゆれて囁きます。

ザバ~ン zazazazab~~~ ザバ~ン

それぞれの雫たちは全て手作り。
薬局の事務さんたちも手伝ってくださりたくさんの海の波の水雫ができました。

日大板橋病院門前に薬局が立ち並ぶエリア
業務がお忙しい中ですがそこで働く方々と一緒に制作することで、患者さんだけでなく働く人たちにも良い効果があるといいなという想いも込めて。。

ありがとうございました。
患者様へ。早く良くなりますように・・!