HospitalArt紹介【耳原総合病院】

関西上陸。
大阪府堺市にある耳原総合病院のご紹介です。


見学の前にいただいたこちらのパンフレット。春夏秋冬季節ごとに発行される雑誌に加えて院内のアートマップです。みるだけでわくわくしてしまう、読みやすくて想いのこもったパンフレットたち。

堺に到着ー!
バス停から入り口までてくてく、早速なにこれ!?

とかわいらしい壁画がみえてきます、そう、こちらがその病院!
わおー!青空にそびえたつ!

ななな。颯爽とエントランスへ向かいます。そして…

グリーンの大きなオブジェが空からお出迎え。おぉおおおおお。なんという空間の使い方。個人的に、こういう上からぶら下がるものが好きなのと自然の緑が好きなので、葉っぱをモチーフにしたこのオブジェ、いきなり、みとれて開いた口がふさがりません。緑に光が差し込んでいい感じ。はっ!!ココハビョウイン。ハート型の葉っぱなんと19000枚、に希望の芽が重なります。

そして左を向くと

虹の絵画に虹色手すり、そう、そしてこちらの病院は虹色で階がわけられています。
たとえば最上階は紫ー!

とこんな感じ。わかりやすくて美しい。

草花床のあたたかい待合を通り抜けて病棟へ向かいます。
私がすごく良い!!!!、と思ったのが、最上階緩和ケア病棟にあるデッキ。なんと、ベッドごと外にでられるのです。

見上げると青空、見渡すと美しい堺市が一望できる。個人的に、私は自然に勝るアートはないと思っている派(?!笑)なので、つらい時に寝たまま外の空気を感じることができるのは本当にうれしいです。

各フロアエレベータを降りると鳥さんたちが顔を出します。

こちらすべてよくみると堺にちなんだ風景が。そしてなんとこれら室野愛子アートディレクター監督のもと医師を含めた病院スタッフの方々で制作されたそう。業務で忙しい中、制作をともにすることは容易ではなかったはず、、それでも共同制作をすることによりスタッフたちのためのアートにもなりうる。。

各病室での風の伝言プロジェクト。

全国から集められた作家たちのた~くさんの(レプリカではないほんものの)絵画の中から好きな絵を病室に飾ることができます。もちろんチェンジすることも。作家たちの応援よ、とどけ~

小児科フロアはこびとの森~!

処置室までの道のりがこわくないよう森の音楽がきこえてきそう♪木琴は本物ヨ♪なかには小人さんの小さな窓からプレゼントもでてきたり♪

この春の訪れを感じる空間は、!??!

オペ室~!まんまの会という乳がん患者会のみなさん手作りのプラバンのお花は季節ごとに変化するそう。ほかの季節はどんなんだろう~

病院スタッフ用の階段にはこんな工夫も。

スタッフの健康を願い運動を喚起するデザインの力を感じます。

メモリアルルーム。

土壁でできたこのお部屋。人間はだれしも土に還るという静かな強い想いがこのような空間を生み出しました。

(写真はないのですけれど)待合の椅子も立ちやすい高さ、または、自分で座り心地を選べるようになっていたり、スタッフ用の掲示板がなんとも工夫がこらされていて、細かいところまで行き届いた病院全体としての前向きな姿勢を感じました。。

 

全館では癒しの音楽が流れるなど視覚以外の癒しもふんだんに工夫された耳原総合病院。
アートのワークショップ、ホスピタルアートについての講演会もたびたび開催されていて、私もおうちが近ければ毎回参戦したい興味深い講演がもりだくさん。。。!
病院全体としてのアートが素晴らしいのはいうまでもなく、
患者さん×病院×地域の方々、の3方向の連携がすばらしくなされていて、このような病院がもっと増えればよいのになぁと思わずにはいられません。
ウェブサイトで希望のともしび物語をはじめ、ホスピタルアートの詳細をみることができるのと、ホスピタルアート専用のFacebookページはこちら

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますよに。

HospitalArt紹介【織本病院】

東京都清瀬市にある織本病院にやってまいりました。
駅からバスでゆらり
東京のなかでもおちついた静かなエリアに位置しています。

たどり着くと、入り口でツリーをかこむモザイクオブジェがお出迎え~!!!

入って左手にはterracafeというおしゃれなカフェ。この日はおやすみだったのですがここでおいしいお茶をのむことができる他、食事療法をされている方の食品なども販売されています。看板かわいい…。

病院中に入ると受付横には大きな絵画が飾られており、待合にも素敵なオブジェたちが。1階廊下には地域の方々からよせられた絵画によるギャラリーが。。!(写真がなくてごめんなさい…)

病棟にあがると…
きゃー!ら、ランプ!?か、かわいい…(Part2)

こちらは3階。各病室おへやの入り口ランプが13星座のマークになっているのだそう。なんだかお月さまにお星さまがちりばめられているみたいなこのランプ、星座好きな私としてはとてもテンションがあがりますっっ。そして2階の病室には植物が!!!!描かれているっっっ空と大地。。。。

病室だけでなく電話やお手洗いもこのランプが案内してくれます。

病棟を歩いていると
あらっ壁にPush!Look!かわいらしい仕掛けが!中をのぞくと・・・
うふふ(*´艸`*)

こちらはいわさきちひろさんの絵とグリーンが調和する談話室。廊下をしきるこのガラス、よくみると特殊な加工で模様が施されています。

最上階に上がると

なんと、ホールが。そして、ん?が、楽器がある!?そう、ここではゼミや講演だけでなく、なんとコンサートなども定期的にひらかれているのだと!!病院で生演奏や舞台鑑賞ができるなんて♪理事長先生の音楽好きがオリモトホールをつくるまでになったそう 舞台好きの私にも、たまりません~~

 

織本病院、入り口のオブジェから病棟のランプまで、馬場敬一さんの色鮮やかでかつそれでいて優しい作品をいたるところで目にすることができ、まるで馬場美術館のようでした。ご自身が入院なさっていたことがきっかけで病院のアートを手掛けることになったのだとかとか。そのあたりもとても興味深いです。
病院でありながら、常に淡く白いクリアな空気が流れているような、そんな印象を抱きました。静かで美しい空間でした。

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますよに。

HospitalArt紹介【江戸川病院】

東京の東側になにやらワンダフルな病院があるらしい、、、!

!!見学させていただけることになりました。

江戸川病院

おや、みためは普通!?(普通とはなにかって話ですが)の建物のよう…!

が、中に一歩はいって、びっくりこん。

わおー!!壁も天井も一面サイケデリック(?)な絵画がIKINARI!!
病院というイメージとのギャップに逆に外来病棟にすっかりなじんでいる様子。

ここの病院はトモセラピーという癌放射線治療を取り入れられているのですが、早速、その治療室へ・・。

おぉぉお。ど、洞窟!?某夢の国のアトラクションの入り口のようであります。この洞窟をくぐりぬけると、まずは更衣室。

スタイリッシュとでもいいましょうか。真っ白な空間、カフェにあるような(いやカフェにもないか)洗面台まで。治療の緊張不安がやわらぎますように。
いよいよ治療へ。おしゃれな壁と光が室内をてらします。

健康ドッグの入り口もすごい。

何やら光でぐるぐる不思議な仕掛けのあるものが出迎えてくれるのでこちらにきをとられてしまいそう~

待合をとおりぬけて

入院病棟も

うへー!!真っ赤ー!!!ぱっとみ病院に赤!?と思ってしまいそうですが確かに力は沸いてきます。(私は。)ろうかの壁には勇気づけられる詩の数々がならべられています。
そう実際赤色という色は食欲を亢進させたり体温を上げる効果があり精神的にもやる気がでるなどとも。アドレナリンを分泌させるので血圧もあがってしまうともいわれてはいますが…。色はかつて医療における治療にも使われていたといわれていてこのあたりの色の効果はとても興味深い。

階段廊下やトイレだけでなく

事務室までもが一面楽しく色づけられており患者さんだけでなく病院スタッフさんも楽しんでお仕事ができそう。(というか、実際ほんとうに楽しんでいらっしゃるそう!!し、私にも、そうみえた)

実はテニスコートなんかもあったり
このベランダでは江戸川花火も特等席で一望できるそう

リハビリ室も、
なんだか活気にあふれている!

ここはアニマルセラピーにも力を入れられており、中庭にはフラミンゴ!玄関の水槽のアニマルたちも愛らしい。

わぁぁぁぁ!ここにはワニがぁぁ。ワニがぁぁぁああ。

沢山。笑(あこれは違うか笑)

オペ室やCT室もかわいい
 
(残念ながら写真はないけど)MRIはなんと、、ぞうさんのかたちなんです!WOW!パオーーーーン

最後にお薬をもらってかえりましょ~。

外にでると壁が特殊な仕様で一面緑化されているところが!
あとは少し歩いたところにあるメディカルプラザも、はいっていきなり大きな滝がドーーーーン!!

病院の中でこんなにも大きな自然を感じられるのはなんとも魅力的。

 

ホスピタルアートをはじめに見学させていただいたのがこの江戸川病院だったのですけれど最初からインパクトがつよすぎてまるでエンターテイメントの世界にはいったような病院なのに隅から隅までわくわくしてしまうようないきなり不思議な感覚を味わわせていただきました。
この楽しいアートは、今は亡き加藤隆弘前院長先生が主にてがけられ、患者さんが少しでも楽しく元気に!という熱い想いで工夫に工夫を重ねられたそう。これ良い!と思ったらすぐ取り掛かられたんだとか。(その後も分身の正二郎先生のもとますます発展なさってることでしょう…ツリーハウスもどうなったんだろう…(どきどき))
本当に苦しいつらい時に笑顔になることは難しいかもしれないけれどそんな中ユーモアにあふれる院内の様子は目を見張るものがありました。それでいてお金がかかっていないというから驚き。
良い言葉が思いつかないのですが斬新?とでもいうのか、その点においてその後私が拝見したどの病院にも勝るところはない。唯一無二の病院。
おもしろかった、という言葉が適切とは思わないけれど、、しかし、おもしろかった~!!宝探ししてるみたいな…
そう、まさに、ワンダフル!

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますように。