HospitalArt~はじまり~

医療(病院)ときくと、どんなイメージがありますか??

 

私は、白い壁にシミのある天井…と、なんとなーく暗いイメージをもっていました。。。病院は調子の悪い人のあつまるところですし、そんな空気であっても当然のことでしょうか。。

今から3年と少し前、私が突如魔法リズムとして絵をかきはじめてからほんの少したったころ・・ホスピタルアートという言葉を知りました。当時魔法リズムの中の人(?)であるまほうさんは薬局で働いていたこともありそれは私の中ですぐにピンときました。

医療とアートって一見結びつかない風にみえるのですが、調べていくと、実はもともと同じものだった、というのを知り、私は安心しました。だって薬局で働いているたけとしまほさんとアート活動をしている魔法リズムさんはまるで別人にみえたからです。同じひとりの人物のはずなのに!

と、、、、これは単なるきっかけのひとつですが、こういった自分の勝手な使命感で、それから、純粋なアート活動にくわえ、医療とアートの分野についても勉強中の魔法リズムなのでしたー。ゆっくりだけどね

医療とアートをつなげる方法はいくつかあるうち、まずはじめに私が興味を持ったのは、療養環境の向上に焦点をあてたいわゆる”ホスピタルアート”。歴史はまだ新しく、発祥は欧米から(スウェーデンが有名)、日本では特にまだあまり認知されていないかもしれません。しかーし!日本でもすでにアートを取り入れている先進的な病院があったのです~!!
見学させていただいた病院をいくつか紹介させていただきます ありがとうございますっっ