HospitalArt紹介【耳原総合病院】

関西上陸。
大阪府堺市にある耳原総合病院のご紹介です。


見学の前にいただいたこちらのパンフレット。春夏秋冬季節ごとに発行される雑誌に加えて院内のアートマップです。みるだけでわくわくしてしまう、読みやすくて想いのこもったパンフレットたち。

堺に到着ー!
バス停から入り口までてくてく、早速なにこれ!?

とかわいらしい壁画がみえてきます、そう、こちらがその病院!
わおー!青空にそびえたつ!

ななな。颯爽とエントランスへ向かいます。そして…

グリーンの大きなオブジェが空からお出迎え。おぉおおおおお。なんという空間の使い方。個人的に、こういう上からぶら下がるものが好きなのと自然の緑が好きなので、葉っぱをモチーフにしたこのオブジェ、いきなり、みとれて開いた口がふさがりません。緑に光が差し込んでいい感じ。はっ!!ココハビョウイン。ハート型の葉っぱなんと19000枚、に希望の芽が重なります。

そして左を向くと

虹の絵画に虹色手すり、そう、そしてこちらの病院は虹色で階がわけられています。
たとえば最上階は紫ー!

とこんな感じ。わかりやすくて美しい。

草花床のあたたかい待合を通り抜けて病棟へ向かいます。
私がすごく良い!!!!、と思ったのが、最上階緩和ケア病棟にあるデッキ。なんと、ベッドごと外にでられるのです。

見上げると青空、見渡すと美しい堺市が一望できる。個人的に、私は自然に勝るアートはないと思っている派(?!笑)なので、つらい時に寝たまま外の空気を感じることができるのは本当にうれしいです。

各フロアエレベータを降りると鳥さんたちが顔を出します。

こちらすべてよくみると堺にちなんだ風景が。そしてなんとこれら室野愛子アートディレクター監督のもと医師を含めた病院スタッフの方々で制作されたそう。業務で忙しい中、制作をともにすることは容易ではなかったはず、、それでも共同制作をすることによりスタッフたちのためのアートにもなりうる。。

各病室での風の伝言プロジェクト。

全国から集められた作家たちのた~くさんの(レプリカではないほんものの)絵画の中から好きな絵を病室に飾ることができます。もちろんチェンジすることも。作家たちの応援よ、とどけ~

小児科フロアはこびとの森~!

処置室までの道のりがこわくないよう森の音楽がきこえてきそう♪木琴は本物ヨ♪なかには小人さんの小さな窓からプレゼントもでてきたり♪

この春の訪れを感じる空間は、!??!

オペ室~!まんまの会という乳がん患者会のみなさん手作りのプラバンのお花は季節ごとに変化するそう。ほかの季節はどんなんだろう~

病院スタッフ用の階段にはこんな工夫も。

スタッフの健康を願い運動を喚起するデザインの力を感じます。

メモリアルルーム。

土壁でできたこのお部屋。人間はだれしも土に還るという静かな強い想いがこのような空間を生み出しました。

(写真はないのですけれど)待合の椅子も立ちやすい高さ、または、自分で座り心地を選べるようになっていたり、スタッフ用の掲示板がなんとも工夫がこらされていて、細かいところまで行き届いた病院全体としての前向きな姿勢を感じました。。

 

全館では癒しの音楽が流れるなど視覚以外の癒しもふんだんに工夫された耳原総合病院。
アートのワークショップ、ホスピタルアートについての講演会もたびたび開催されていて、私もおうちが近ければ毎回参戦したい興味深い講演がもりだくさん。。。!
病院全体としてのアートが素晴らしいのはいうまでもなく、
患者さん×病院×地域の方々、の3方向の連携がすばらしくなされていて、このような病院がもっと増えればよいのになぁと思わずにはいられません。
ウェブサイトで希望のともしび物語をはじめ、ホスピタルアートの詳細をみることができるのと、ホスピタルアート専用のFacebookページはこちら

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますよに。

HospitalArt紹介【織本病院】

東京都清瀬市にある織本病院にやってまいりました。
駅からバスでゆらり
東京のなかでもおちついた静かなエリアに位置しています。

たどり着くと、入り口でツリーをかこむモザイクオブジェがお出迎え~!!!

入って左手にはterracafeというおしゃれなカフェ。この日はおやすみだったのですがここでおいしいお茶をのむことができる他、食事療法をされている方の食品なども販売されています。看板かわいい…。

病院中に入ると受付横には大きな絵画が飾られており、待合にも素敵なオブジェたちが。1階廊下には地域の方々からよせられた絵画によるギャラリーが。。!(写真がなくてごめんなさい…)

病棟にあがると…
きゃー!ら、ランプ!?か、かわいい…(Part2)

こちらは3階。各病室おへやの入り口ランプが13星座のマークになっているのだそう。なんだかお月さまにお星さまがちりばめられているみたいなこのランプ、星座好きな私としてはとてもテンションがあがりますっっ。そして2階の病室には植物が!!!!描かれているっっっ空と大地。。。。

病室だけでなく電話やお手洗いもこのランプが案内してくれます。

病棟を歩いていると
あらっ壁にPush!Look!かわいらしい仕掛けが!中をのぞくと・・・
うふふ(*´艸`*)

こちらはいわさきちひろさんの絵とグリーンが調和する談話室。廊下をしきるこのガラス、よくみると特殊な加工で模様が施されています。

最上階に上がると

なんと、ホールが。そして、ん?が、楽器がある!?そう、ここではゼミや講演だけでなく、なんとコンサートなども定期的にひらかれているのだと!!病院で生演奏や舞台鑑賞ができるなんて♪理事長先生の音楽好きがオリモトホールをつくるまでになったそう 舞台好きの私にも、たまりません~~

 

織本病院、入り口のオブジェから病棟のランプまで、馬場敬一さんの色鮮やかでかつそれでいて優しい作品をいたるところで目にすることができ、まるで馬場美術館のようでした。ご自身が入院なさっていたことがきっかけで病院のアートを手掛けることになったのだとかとか。そのあたりもとても興味深いです。
病院でありながら、常に淡く白いクリアな空気が流れているような、そんな印象を抱きました。静かで美しい空間でした。

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますよに。

HospitalArt紹介【江戸川病院】

東京の東側になにやらワンダフルな病院があるらしい、、、!

!!見学させていただけることになりました。

江戸川病院

おや、みためは普通!?(普通とはなにかって話ですが)の建物のよう…!

が、中に一歩はいって、びっくりこん。

わおー!!壁も天井も一面サイケデリック(?)な絵画がIKINARI!!
病院というイメージとのギャップに逆に外来病棟にすっかりなじんでいる様子。

ここの病院はトモセラピーという癌放射線治療を取り入れられているのですが、早速、その治療室へ・・。

おぉぉお。ど、洞窟!?某夢の国のアトラクションの入り口のようであります。この洞窟をくぐりぬけると、まずは更衣室。

スタイリッシュとでもいいましょうか。真っ白な空間、カフェにあるような(いやカフェにもないか)洗面台まで。治療の緊張不安がやわらぎますように。
いよいよ治療へ。おしゃれな壁と光が室内をてらします。

健康ドッグの入り口もすごい。

何やら光でぐるぐる不思議な仕掛けのあるものが出迎えてくれるのでこちらにきをとられてしまいそう~

待合をとおりぬけて

入院病棟も

うへー!!真っ赤ー!!!ぱっとみ病院に赤!?と思ってしまいそうですが確かに力は沸いてきます。(私は。)ろうかの壁には勇気づけられる詩の数々がならべられています。
そう実際赤色という色は食欲を亢進させたり体温を上げる効果があり精神的にもやる気がでるなどとも。アドレナリンを分泌させるので血圧もあがってしまうともいわれてはいますが…。色はかつて医療における治療にも使われていたといわれていてこのあたりの色の効果はとても興味深い。

階段廊下やトイレだけでなく

事務室までもが一面楽しく色づけられており患者さんだけでなく病院スタッフさんも楽しんでお仕事ができそう。(というか、実際ほんとうに楽しんでいらっしゃるそう!!し、私にも、そうみえた)

実はテニスコートなんかもあったり
このベランダでは江戸川花火も特等席で一望できるそう

リハビリ室も、
なんだか活気にあふれている!

ここはアニマルセラピーにも力を入れられており、中庭にはフラミンゴ!玄関の水槽のアニマルたちも愛らしい。

わぁぁぁぁ!ここにはワニがぁぁ。ワニがぁぁぁああ。

沢山。笑(あこれは違うか笑)

オペ室やCT室もかわいい
 
(残念ながら写真はないけど)MRIはなんと、、ぞうさんのかたちなんです!WOW!パオーーーーン

最後にお薬をもらってかえりましょ~。

外にでると壁が特殊な仕様で一面緑化されているところが!
あとは少し歩いたところにあるメディカルプラザも、はいっていきなり大きな滝がドーーーーン!!

病院の中でこんなにも大きな自然を感じられるのはなんとも魅力的。

 

ホスピタルアートをはじめに見学させていただいたのがこの江戸川病院だったのですけれど最初からインパクトがつよすぎてまるでエンターテイメントの世界にはいったような病院なのに隅から隅までわくわくしてしまうようないきなり不思議な感覚を味わわせていただきました。
この楽しいアートは、今は亡き加藤隆弘前院長先生が主にてがけられ、患者さんが少しでも楽しく元気に!という熱い想いで工夫に工夫を重ねられたそう。これ良い!と思ったらすぐ取り掛かられたんだとか。(その後も分身の正二郎先生のもとますます発展なさってることでしょう…ツリーハウスもどうなったんだろう…(どきどき))
本当に苦しいつらい時に笑顔になることは難しいかもしれないけれどそんな中ユーモアにあふれる院内の様子は目を見張るものがありました。それでいてお金がかかっていないというから驚き。
良い言葉が思いつかないのですが斬新?とでもいうのか、その点においてその後私が拝見したどの病院にも勝るところはない。唯一無二の病院。
おもしろかった、という言葉が適切とは思わないけれど、、しかし、おもしろかった~!!宝探ししてるみたいな…
そう、まさに、ワンダフル!

ありがとうございました!!
みなさま、お元気にいられますように。

HospitalArt~はじまり~

医療(病院)ときくと、どんなイメージがありますか??

 

私は、白い壁にシミのある天井…と、なんとなーく暗いイメージをもっていました。。。病院は調子の悪い人のあつまるところですし、そんな空気であっても当然のことでしょうか。。

今から3年と少し前、私が突如魔法リズムとして絵をかきはじめてからほんの少したったころ・・ホスピタルアートという言葉を知りました。当時魔法リズムの中の人(?)であるまほうさんは薬局で働いていたこともありそれは私の中ですぐにピンときました。

医療とアートって一見結びつかない風にみえるのですが、調べていくと、実はもともと同じものだった、というのを知り、私は安心しました。だって薬局で働いているたけとしまほさんとアート活動をしている魔法リズムさんはまるで別人にみえたからです。同じひとりの人物のはずなのに!

と、、、、これは単なるきっかけのひとつですが、こういった自分の勝手な使命感で、それから、純粋なアート活動にくわえ、医療とアートの分野についても勉強中の魔法リズムなのでしたー。ゆっくりだけどね

医療とアートをつなげる方法はいくつかあるうち、まずはじめに私が興味を持ったのは、療養環境の向上に焦点をあてたいわゆる”ホスピタルアート”。歴史はまだ新しく、発祥は欧米から(スウェーデンが有名)、日本では特にまだあまり認知されていないかもしれません。しかーし!日本でもすでにアートを取り入れている先進的な病院があったのです~!!
見学させていただいた病院をいくつか紹介させていただきます ありがとうございますっっ

春夏秋冬オリジナルおくすり手帳

病院のあと薬局に行くと…
「おくすり手帳はお持ちですか?!」と必ず聞かれることと思います。
最近はリ○ックマとかサン○オとか…可愛めの手帳もみかけるけど、もっともっと手に取りたくなるような素敵な手帳があったら良いのに…
私はずっと思っていました。。。。そして・・・・・
この度ご縁あってご依頼いただき、オリジナルおくすり手帳を作らせていただきました。パンパカパーン!!!

春夏秋冬(=四大元素!)をイメージした4種類のオリジナル手帳。

そして中を開くと虹色カラフルプロフィールページが♡

そしてそして薬歴記載ページには…なんと1ページずつ”おくすりちゃん達”が登場して早く良くなれと手帳の持ち主を勇気づけてくれますっ( ̄ー ̄)

可愛いでしょっ゚( ´ー`)y-~~←親バカ

この手帳は、京都から東京まで全国のなぎさ薬局各店舗にかかれば、手に入れられます・・♪お薬は必要ないのが一番だけれども…少しでもウキウキな気分を味わえますように・・☆

お薬手帳というものがあるのは日本だけ・・!自分で自分の健康管理(^_-)いくつか病院にかかることのある方はもちろん、薬の飲み合わせ、アレルギー既往歴などのチェックやリスク回避ができますし震災などの災害時にも役立ちます。ちなみに同じ薬局半年以内にもっていくと三割負担で30~40円程安くなります(2018.2月時点)。

皆様~お身体はぜひともご自愛ください。

マグcafeオープン★そのチラシと看板を…

今週金曜日…

倉吉に素敵なcafeがOPENします。

「マグcafe」

認知症の人やその家族、知人、医療やケアの専門職、そして認知症について関心がある方など、誰でも気楽に集まり、和やかな雰囲気のもとで、楽しみ、学び、相談できるカフェ♪だそうです!

その、チラシと、

看板を、
創らせていただきました。

これから毎月第一金曜日営業に営業とのこと。

これからの時代、ますますニーズが高まっていく予感です…。
お近くの方ご興味ある方、ぜひ足を運んでみてください。
魔法リズムの看板も、お待ちしております♡ヽ(^。^)ノ

MusicBARの壁画制作~竜宮城と化す~

Dragon’s Palace on the ”Halocline”〜ハロクラインの上の竜宮城〜
東京江戸川区にあるハロクラインという音楽バーの壁画を描かせていただきました☆

扉をあければそこは・・・・・
でで~ん★

︎店名のハロクラインとは、塩分濃度の異なる水の層が接する境界面のこと。

音楽、ヒト、それぞれの境界面をこえて心地よくMIXしていく空間。。✨✨

宇宙の誕生から発展まで、お店を半周ぐるりと。
ミュージシャンや音楽好きの方々が集まる、プロドラマーのマスター率いる素敵な空間♪もちろん美味しいお酒もいただけます。

まるで竜宮城のようにときがたつのをわすれちゃいそう・・なぁんて♡ここは以前魔法リズムのPPAP動画や魔法SAI氣デリックがLIVEさせていただいたところでもありまする。カンシャー
ハロクラインへようこそ~~
ありがとうございました。

薬局インテリア、ザバ~ン zazazazab~~~

薬局の待合の装飾をさせていただきました。
その名も「なぎさ薬局」。
”なぎさ”とは、波が打ち寄せる所。波打ち際。あのザバーンって海の音が美しくなりひびいている、あの場所です。スナハマ~
薬局は、病院のあとにやってくるところ、にこにこるんるん明るい気分で来る人はいないといっても過言ではありません。。。
患者さんが薬を待っている間、少しでも安らぎを感じられるようにと、
海の波をイメージしたモビールを制作しました。

BEFORE

AFTER 
投薬カウンター 
掲示板 
なぎさに立ち寄り、ふと、見上げてみよう。
(空調で)風がふくと、雫たちはゆらゆらゆれて囁きます。

ザバ~ン zazazazab~~~ ザバ~ン

それぞれの雫たちは全て手作り。
薬局の事務さんたちも手伝ってくださりたくさんの海の波の水雫ができました。

日大板橋病院門前に薬局が立ち並ぶエリア
業務がお忙しい中ですがそこで働く方々と一緒に制作することで、患者さんだけでなく働く人たちにも良い効果があるといいなという想いも込めて。。

ありがとうございました。
患者様へ。早く良くなりますように・・!

映像と音のコラボ

11.17新宿sact!にて、みんな違ってみんなイーーナ!
魔法SAI氣デリックでの出演。

今回の1曲めは・・

アーティスト 田邉理華 とのコラボレーションで

海の中で誕生した「風」が、流れながれゆき、吹き吹かれ、最後に静かに静まる・・風の一生、を音と、身体と、映像を使って表現。

いつもアドリブがウリの魔法サイケデリックですが、この曲はちょっとアドリブではない(笑)
田邉理華と話しあってできた「風」の物語を、バンドメンバーに伝え、音で表現してもらい熟考、だいたいのイメージができあがりました。それにあわせて、踊り、映像をつくり加えていったのでした。お衣装も田邉理華の制作です。素敵な機会をありがとう~!!
御覧ください!

ドラムが変わったことでジャンルがかわり、「小鴨神社」のネイチャーな感じからすこし都会がかった「上井ミッドナイト」

また、この日が主催者の誕生日ということで良い一年になりますように、と「お経」をプレゼント♥♥
この曲をずっと流していたら空間が浄化されるでしょう・・・( ̄ー ̄)笑。

最後は天神川。

今回会場で魔法リズムの作品も一部展示させていただきました。

マフォメーションたち♪♪

素敵な時間と空間をありがとうございました!!

魔法SAI氣デリックは、しばらく、私の拠点が東京でなくなるため、お休みだけど・・・・
バンドメンバ~たちよ!大好きだよ~~~~!!!!グッドラック~!!!

ジャズの舞台で踊る

遡ること10月末、鳥取のハワイアロハホールにて、みわりん&クイーンビージャズオーケストラのジャズコンサートにダンサーとして出演させていただきました。

各楽曲にあわせて、振り付けから全て。ずっとやりたかったコレオグラファー。。♪相方のダンサー海出彩菜と、東京でリハーサルを繰り返し、当日をむかえました。

やっぱり大きな舞台はテンションがあがります!
特にこの舞台袖からの光景は小さな頃から毎回大好き!照明がステージをちらつかせるこの独特な緊張感はなんともたまりません。

クイーンビージャズオーケストラの素晴らしい演奏1曲めがおわったら、ダンサー登場でオープニングです!そうここはまるで夢の国ぃぃ~~ミワリンラーンドHeyComeoooooon!!!!

ワンダフルな演奏とパフォーマンスはつづきます。
バイオリンとサックスの掛け合いがあったり、
みわりんの美しい歌声がホールをふるわせます。

超盛沢山!

最後は手拍子でみんなで盛り上がって終演。
観に来ていただいた皆様、ありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか(≧▽≦)

みんなでピーーーース☆

楽屋でポーーーーズ★てへっ

観に来てくださった皆様、会場つくってくださった皆様、おこえかけしてくださったみわりん、共演してくださった皆様、お手伝いいただいた皆様、をはじめ、全ての方々に感謝!ありがとうございました。